SOLUTION
​ソリューション

Epistraは「AIとロボットで研究開発を加速する」技術を開発するテクノロジーカンパニーです。

私たちのソリューションは​主に生命科学の分野で活用されています。

SOLUTION 01

Epistra Accelerate

最先端の機械学習技術により

研究開発期間の短縮・収率を向上

ライフサイエンスの研究開発では、手作業での実験と試行錯誤の繰り返しを要因とした様々な課題が存在します。 AIによる自動実験最適化システム Epistra Accelerateにより、これまでよりも少ない試行回数で目的とする最適条件を発見できます。

Epistra-Acc-3.png

※実験自動化装置:自動分注機(ロボット)、パラレルマイクロバイオリアクター(Ambr等)、製造工場でのプロセス制御など、様々な機器への対応が可能です。

Epistra-AI-a.png

自動状態評価AI

深層学習の技術を活用したAIにより、熟練者と同等以上の細胞状態の判定を再現できます。この例では100枚程度の顕微画像を学習データとして、80%以上の精度での細胞の良し悪しの判別を実現しました。

自動実験計画AI

ベイズ最適化技術をベースとした当社独自のアルゴリズムを実装した、ライフサイエンスの問題を解くために強化したAIです。ライフサイエンスの問題には標準のベイズ最適化技術を適用する上で3つの問題(高次元・高ノイズ・高コスト)があり、当社は独自アルゴリズムによりこれらを解決します。

Epistra-AI-b.png

CASE STUDY

IMG_0565-2.jpg

複数の事例によって当社技術の優位性が証明されつつあります。詳細はお問い合わせ下さい。

ヒトiPS細胞からの

RPE分化誘導プロトコルの最適化

[理化学研究所生命機能科学研究センター(BDR)]

schedule:2018年4月~

goal:ロボットとAIにより名人を超える分化効率を達成

status:論文投稿中

微生物培養プロセスの最適化

[バイオテクノロジー領域事業会社様]

schedule:2020年1~6月

goal:目的生産物の収量を最大化する培養条件を発見

status:PoC完了

医療画像情報からの所見自動判定

[神戸アイセンター病院]

schedule:2019年2~4月

goal:医師の診断補助に使う所見判定の自動化に向けたPoC

status:PoC完了